歯医者で様々なケアを行ないましょう【歯っとした瞬間に治療を!】

治療費と治療方法

一般的に治療費が高額な理由は、保険適用範囲が、ごく僅かであるため

インプラント治療は平成24年4月より、保険の適用が認められています。ただ、保険の適用範囲が、ごく僅かなため、現在も保険適用外の治療として行われているのが一般的です。ですから、治療費が一般的に高額になってしまっているのです。現在、治療費の負担を軽減できる最も有効な手段は、医療費控除を受け、納める税金の一部を免除してもらうことです。1年間に医療費の支払いを10万円以上行っている場合、確定申告をすれば医療費控除を受けることができます。但し、医療費控除が受けられない治療もありますから、医療費控除が受けられるか否か、事前に歯医者に確認した方が良いでしょう。

インプラント治療が身近になる必要性

インプラントは、極めて優秀な治療法です。従来の歯を補う治療法は、完全に補えるのは歯の形状だけで、歯の噛む機能は不完全な状態でしか補えない治療法です。簡単に言えば、強く噛むことに適さない治療法なのです。しかし、インプラントならば歯の形状も噛む機能も補うことができます。しかも、天然歯と、ほぼ同じ状態で補うことができます。インプラントは新しい治療法です。とは言っても、誕生したのは1950年代のことであり、世界的に普及したのは1980年代のことです。従って、新しいと言っても、すでに歴史があり、当然、実績もある治療なのです。歯は、健康維持のための重要な役割を果たしています。そして、インプラントは歯を補う最善の治療法です。つまり、インプラントは健康維持のために必要な治療法なのです。ですから、インプラント治療は、すぐにでも身近な治療になるべきだと言えるでしょう。