歯医者で様々なケアを行ないましょう【歯っとした瞬間に治療を!】

原因をみつけて治療

オーラルケアの重要性

自分で行なう日常的なケアは、「健康な歯」を維持するために重要なのです。今日では「オーラルケア」の重要性も広く認められてきました。「健康な歯」を維持するために、積極的にケアへ努める方が増えてきました。通常の歯ブラシによるブラッシングだけでなく、デンタルフロスや糸ようじの使用が増えています。また、キシリトール入りのガムも普及し、日常的に取り入れられるようになってきました。このような傾向の中、幼少の頃から子ども達を歯科に通わせる家庭が増えています。3歳検診等の集団検診時だけではなく、定期的に小児歯科医で検診を受けるのです。小さい頃から歯科に通うことで歯科嫌いにならず、将来的にも健康な歯を維持することができるのです。

「予防治療」を受けよう

「予防治療」として歯科に通うことは、口中のトラブルを早期に発見し、防止することができます。子どもの場合、多くの地方公共団体では医療費が無料か、わずかな費用で治療を受けられることができます。このような制度を利用するので、予防治療として歯科にいくことは、さほど大きな負担にはなりません。また、大人の場合でも各自治体等が無料で検診を行なっているケースがあります。これらの制度を上手に利用することで、気軽に検診を受けることができます。子どもの集団検診については、居住する市町村から検診の案内があります。成人以降の方等は、該当の年齢になった時に葉書や各広報を通して、案内があります。これらの制度等を使い、予防治療を受けることで、自分の歯を維持することにつながっていくのです。